美容皮膚科とは

美容皮膚科と一般皮膚科の違いについて

「このようなことで困っているときは、何科に行けばいいんだろう?」
「美容皮膚科と一般皮膚科って、何がどう違うんだろう?」
このようなことで、みなさんは悩んだ経験がありませんか?
こういった美容整形比較サイト(http://irishpeaceinstitute.com)を見ることもしてみましたが、 その道のプロであるお医者さんにとっては常識的なことなのかもしれませんが、私たち一般人にとっては、よくわからなくて悩むことってたくさんありますよね。
実は私も、みなさんと同じように悩んでいました。そんなときにたまたま、美容皮膚科のお医者さんと話す機会があって質問してみたので、 教えてもらったことを簡単にご紹介しますね。
まずは、一般皮膚科についてです。一般皮膚科の場合、主に皮膚的な疾患を扱っています。
一般皮膚科というと、全身の皮膚だけのことだと思ってしまいがちですが、そうではありません。爪や粘膜、髪の毛なども一般皮膚科の範疇に含まれていますし、 アレルギーに関することも皮膚科で診てもらえます。
代表的な症状を挙げると、たとえば、皮膚腫瘍(皮膚がんなど)、やけど、しもやけ、水虫、ヘルペス、巻き爪、 帯状疱疹、円形脱毛症、じんましん、アトピー性皮膚炎など、目で見ることができる病変の治療を行っています。
また一般皮膚科では、 あくまでも病気の治療という考えのため、原則として保険を適用した治療を行っています。
それに対して美容皮膚科というのは、皮膚的な疾患も扱っていますが、 どちらかというと美容面を重視した診療を行っている科です。
美容皮膚科が扱っている範囲にはいろいろとありますが、代表的なものを挙げると、アンチエイジング、 スキンケアのほか、お肌のトラブル全般を扱っていて、医学的根拠に基づいた治療および予防を行っています。症状で言うと、たとえば、シミ、シワ、たるみ、あざ、毛穴の開き、 皮膚の老化などです。
但し、美容皮膚科の治療には、保険が適用されないことが多いです。
投薬や外用薬を用いた病気の治療には保険が適用されますが、 それ以外の場合は保険適用外、つまり、自由診療となります。
迷ったときには、一般皮膚科と美容皮膚科の療法を併設しているクリニックもあるとのことなので、 ちょっと安心しましたが、このことを教えてもらって、どのようなときには一般皮膚科に行ったほうがいいのか、美容皮膚科に行ったほうがいいのか、納得できた私でした。 みなさんは、いかがですか?

美容皮膚科の紹介

美容皮膚科で行われている育毛治療

主な美容皮膚科の内容

頼もしい存在の美容皮膚科

美容皮膚科の体験談1

美容皮膚科でシミそばかす治療の体験談

美容皮膚科の体験談2

ゼロではない美容皮膚科のリスク

美容皮膚科のリスク

肌細胞注入療法で若返った同級生

美容皮膚科ニュース

夏のピアスの穴あけと、皮膚トラブルの注意

美容皮膚科ニュース2